生命保険 比較のポイント

生命保険には医療保障、死亡保障、老後貯蓄保障を目的とする3つに分かれています。
自分に適した保険商品を選ぶには、まず自分の家族構成や生活スタイル、資産の状況を把握してから、生命保険 比較をしましょう。
生命保険 比較をする際、どうしても日額いくらで、月々いくらの支払いに注目してしまいがちです。
そして特約をたくさんつけておけば安心だからと、保険会社の勧めるプランのまま加入する人もいるでしょう。

まず、月々の支払いの保険料を収入の何%にするか決めましょう。
高い保険料を支払っても、必ず病気になるとは限りませんので、掛け捨てタイプの生命保険は戻ってきません。
あらかじめ金額を決めることで、保険商品の選択肢は決まります。
公的な保険(健康保険・年金)も医療費負担上限や遺族への給付金があり、保障が手厚いです。
この公的な保険でまかなえない所を補うという形で考えると良いでしょう。

例えば生命保険の医療保障でいえば、先進医療特約は公的保障外の部分をカバーする特約ですが、どの病院でも先進医療特約に該当する治療ができるわけではなく、条件(技術・内容)や施設の限定など厳しいです。
万が一、該当した施設で該当した条件のもと治療が行われれば保険給付金が支払われますが、そうでない場合は保険はおりません。
自分の住まいの近くに、先進医療の指定病院があるか確認しておくといいですね。

本当に病気になったときに保険金が下りなければ、せっかく保険に入っても意味がないので、約款は必ず確認しましょう。
特にがんに関する場合の規定は、ややこしいですが確認しておきましょう。
どのような場合に「がん」と判断するのかは保険会社によって違います。
治療に関しても、保険給付対象は各保険で決まっていますので、よく比較しましょう。

保険料・入院限度日数・手術給付金などの条件がほぼ同じであれば、保険料支払いをカード払いにしてポイントがたまるところや、年払いで割引がうけられるところがおすすめです。
また給付金の受け取り手続きがシンプルなところで選択するのもいいです。

PAGETOP